レンタルスペースを賢く借りよう

レンタルスペースで出来る事・出来ない事

>

出来ない事のあれこれ

出来ない事

レンタルスペースで、よく起こりうるトラブルなど、レンタルスペースで出来ない事などをご紹介します。

レンタルスペースは、そもそも、会社が運営しているスペース、個人が貸し出しているスペースの二つに分かれています。
会社が運営しているものの多くは、会社の一室を貸し出している物が多く、会議室などが多いです。
個人で貸し出しているスペースなどは、キッチン付のスタジオや、マンションの一室などです。

一番多いトラブルが、備品を破壊してしまったり、無くしてしまうというトラブルです。
やはり、借りている部屋なので、備品なども元のように戻すのが鉄則です。
借りる側も、秩序を守り、常識ある範囲で使用するようにしましょう。

予約時に、個人的に予約する場合と、レンタルスペースをまとめているサイトやネットで仲介している場合があります。
まとめているサイトなどで予約する場合、どのような使用目的か明確にする必要があります。

決まり事

レンタルするスペースによって、決まり事や約束事は細かく明記されている所がほとんどです。

また、レンタルスペースを運営する側も、このような決まり事をしっかりと明確にしておきましょう。
使う側は、この決まり事をしっかりと守り、節度ある行動をするようにしなければなりません。

決まり事の中には、入退室の方法であったり、使用可能な機材や備品の説明、後片付けの程度などが書かれている事が大半です。
レンタルスペースを借りる前に、このような決まり事にはきちんと目を通し、守れるかどうかを考えてから借りるようにしましょう。

どのような場合であっても、決まり事は必ずあります。
お金を払い借りる側、また貸す側も気持ちよく貸し借りが出来るような取引が理想ですよね。
お互いに、ルールをしっかりと守りましょう。